Image-black.png

上智大学 理工学部 ユニット研究部門
RNAターゲット創薬デザインユニット

powered by Sophia Biophysics Lab.

​RNAは新たな創薬標的としてはもちろん、新しいタイプの医薬品としても近年注目を集めています。RNAターゲット創薬およびRNA創薬を加速させるためには、RNAの立体構造情報の取得が必要不可欠です。

「上智大学理工学部RNAターゲット創薬デザインユニット」は、独自のRNA分子デザイン技術・結晶化技術・構造解析技術などを駆使してRNAターゲット創薬・RNA創薬を推進しています。

2022年度からは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の生命科学・創薬研究支援基盤事業(BINDS)事業に採択され、アカデミアや製薬企業の創薬研究をサポートする「RNA ターゲット創薬のためのRNA 分子設計・共結晶化・試料調製支援と高度化」の研究も行っています。

About our research unit

What we offer

RNA-低分子医薬品 共結晶化
(AMED-BINDSプロジェクトなど)

創薬標的はタンパク質が主流でしたが、近年はRNAにも注目が集まっています。独自のRNAモデル分子の設計技術RNA結晶化技術を駆使して、薬剤標的RNAと低分子医薬品との共結晶化を迅速に行います。

RNA 立体構造解析

豊富な構造解析経験​独自の構造解析技術などを駆使して、RNA単体や医薬品との複合体のX線結晶解析を行います。

RNA-核酸医薬品 共結晶化
(AMED-BINDSプロジェクトなど)

核酸医薬品は、低分子医薬品とタンパク質医薬品に次ぐ第三世代の医薬品(中分子医薬品)として注目を集めています。核酸医薬品への利用を想定した修飾ヌクレオチドを含むRNA試料の結晶化も行います。

核酸医薬品のデザイン

RNAの立体構造モチーフやA-U, G-C以外の特殊な塩基対を活用した新しいタイプの核酸医薬品のデザインを行います。

 
 

Research projects

 

Members

2004年4月 東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了。博士(理学)
2004年4月~2010年4月 ストラスブール大学IBMC-CNRS 博士研究員。2010年4月より上智大学理工学部に着任、2015年より准教授。mRNAターゲット創薬研究機構理事。
顔写真(上智大・近藤).jpg

近藤 次郎

上智大学理工学部

物質生命理工学科 准教授

2014年3月 上智大学大学院理工学研究科理工学専攻博士前期課程修了。
修士(理工学)
小金井麻衣.jfif

小金井 麻衣

上智大学

AMED-BINDSプロジェクト

​研究員

 

Links

 
Lab.png
AMED.png
NPO.png
BPP.png
Sophia.png